スプーンエキスカベーターの使用について

当院で虫歯の治療を受けられた際に、器具でカリカリと音をたてて治療を受けた経験がある方がいらっしゃると思います。これは何をやっているかと言いますと、小さなスプーン状の器具で軟らかくなった虫歯を取っているのです。通常、虫歯を削る機械は、タービン、5倍速エンジン、エンジン、エキスカベーター等がありますが、タービンや、5倍速、エンジン等の高速切削器具のみでは、虫歯を取っていたつもりが残っている場合が稀にあります。機械で削る場合は時間が短縮されるという利点がありますが、個々の虫歯の固さを確認しながら、虫歯を除去できないため、虫歯を取り残す場合があります。また、虫歯がかなり神経まで近い場合、機械で削ってしまうとそのまま神経までズボッとすぐ到達してしまいそうな時も、このスプーンエキスカベーターを用いて、軟らかくなった虫歯ののみを取って、なるべく神経を残すようにしています。話は変わりますが、当院では基本的にはタービンは使用していません。独特の音やフットペダルを外してもしばらく惰性で回転するため、患者さんが小児の場合に危険だと思ったからです。代わりに5倍速という機械を用いて歯を削っています。今後ともデンタルクリニックファミリーをよろしくお願いします。

三郷中央 歯医者/歯科|デンタルクリニックファミリー

日付   カテゴリ:未分類