静脈内鎮静法

静脈内鎮静法

静脈内鎮静法とは、点滴からボーっとするお薬を用いて、患者さんの恐怖心を取り除きながら、歯科治療を行う方法です。後述する笑気麻酔に比べて、鎮静の程度はコントロールしやすいという利点があります。全身麻酔とは異なります。朦朧とした意識はあります。

・予め準備をして行うので、なるべく一時間以上かけて、一度にたくさんの治療を行うのに向いています。

・当院では、健康保険の範囲内で静脈内鎮静法を行うことができます。一回の負担金は3割負担で1500円前後です。(使用する薬剤の量により多少金額が前後します。)

・治療が終了してから2時間ほど、平衡感覚が戻るまで、リカバリールームで、休憩して頂く必要があります。

・治療前6時間は飲食、飲水を止めて頂く必要があります。

・治療当日は、患者さんご自分で運転してご自宅に帰るのは止めて頂く必要があります。必要があればご家族の方に迎えに来ていただくか、タクシーを呼んで頂く必要があります。

・特に紹介状は必要ありません。

静脈内鎮静法で、一度治療を受けられた方は、ほとんどの方が再度静脈内鎮静法での治療を希望されます。また、当院に遠方から治療にいらしゃるかたのほとんどは、この静脈内鎮静法を希望される方です。当院で静脈内鎮静法に使用しているミダゾラムという薬剤は鎮静効果の他に健忘効果も持ち合わせており、人によっては治療終了後、治療中のことをほとんど覚えていらっしゃらない方もいらっしゃいます。

親知らずの抜歯などの外科処置のみでなく、通常の虫歯治療でも静脈内鎮静法を利用していただくことは可能です。

静脈内鎮静法の流れ

1. 初診(一回目)口腔内診査、カウンセリング

いきなり一回目に静脈内鎮静法を行うことはありません。 ペンレステープお渡し。(表面麻酔です。実際に点滴の針が刺さる時に、一番お痛みがあります。2回目の予約の30分前に点滴の予定部位に痛みを和らげるためにご自分で貼付して頂きます。)

2. 2回目(静脈内鎮静法)

実際に静脈内鎮静法を行い、歯科治療を行います。 終了後2時間ほどリカバリールームで休憩して頂きます。

笑気麻酔

笑気麻酔とは鼻から鎮静効果のある笑気ガスを吸っていただき、患者何の恐怖心を取り除きながら歯科治療を行う方法です。静脈内鎮静法と比べて特別な準備が必要ではなく、麻酔終了後も通常通りご帰宅頂けます。 ただ、静脈内鎮静法に比べて、鎮静の効果に個人差があります。

・普通の治療と同じように治療を受けることが可能です。
・鼻が詰まっている人には使用できません。
・拒否の強い小児など意思疎通のできない患者さんへの適応は難しいです。
・当院では健康保険の範囲内で笑気麻酔を行うことができます。
 3割負担のかたの場合、一回の負担金は1,200円位です。
・特に紹介状は必要ありません。

静脈内鎮静法では、どうしても、治療開始前6時間飲食をやめていただいたり、当日は自動車の運転が出来ない等、日常生活での制限が出てきます。例えば、仕事の都合上、どうしても運転しなければならない方とか、静脈内鎮静法をするほど恐怖心が強い訳ではない方とか、小さいお子さんにはこの笑気麻酔は向いています。